2月株主優待を確保しました(前半戦7銘柄)

2月は株主優待が多いことをご存知でしたか?一般的な日本企業は年度に合わせて3月決算が多いですが、小売店は年度末の繁忙期に棚卸しができないから、伝統的に2月決算にしているところが多いんですね。国際標準の12月決算の企業も多いですから、結局半期決算と合わせて2,3,6,8,9,12月の6か月間が優待のチャンスということになります。 ということで、小売店が集中する2月の株主優待を取得しました。貸株料を考えると月末ギリギリを攻めたいところですが、一般信用売りの在庫と見比べながら7銘柄を早目に確保しました。 今回取得したのは下記の7銘柄です。取得コストは書いていませんが、○万円の株なら○×保有日数分の貸株料と、売買手数料数百円の取得コストがかかると概算できます。 売買手数料は売買金額が20万以下なら往復200円、100万以上なら往復800円、それ以外なら往復400円と考えればそれほど間違いありません。 イオン北海道だったら8×20+200=360円くらいですね。ウエルシアHDなら42×20+400=1240円くらいと計算できます。これ以上厳密に計算してもあんまり意味が無いので、優待リストを眺めながら暗算してさっさと取捨選択するのが良いですね。
  1. イオン北海道 8万円/100株 自社優待券(時価1000円)
  2. U.S.M.H 12万円/100株  自社優待券(時価1000円)
  3. MORESCO 16万円/100株 ギフト(定価2000円)
  4. ウエルシアHD 42万円/100株 Tポイント3000ポイント
  5. スギHD 46万円/100株 自社優待券(時価3000円)
  6. 高島屋 15万円/100株 自社優待証
  7. Jフロント 12万円/100株 自社優待証
イオン北海道はイオンの割引券、U.S.M.H.はマルエツ等の優待券がもらえます。また、MORESCOは兵庫県の特産品(2000円相当)がもらえます。いずれも在庫が無くなりそうだったので、かなり早期に取得しました。 ウエルシアHDTポイント3000ポイントがもらえます。Tポイントはウエルシア薬局とHACドラッグで毎月20日に1.5倍で使えるので、非常にお得です。スギHDはスギ薬局の優待券3000円分です。どちらも取得コストに対して価値が高いので、まだ在庫に余裕はありそうですが早目の確保となりました。 高島屋とJフロントは、それぞれの百貨店の優待証がもらえます。だいたいの商品が10%引きで購入できますが、支払手段が限られてしまうのであまり使い所はないかもしれません。特に高島屋はdポイントを併用したり、SPG AMEXで購入した百貨店ギフトカードの方が割が良いことがあります。 それでも取得したのは、優待証には有料文化催事の無料特典が付帯するからです。パルコミュージアムはたまに面白い企画(ロバートの展示とか)をやっているので、Jフロントの優待証で同伴者も無料で入れるのは大きいです。パルコの優待のパルコカードクラスSで無料になるのは本人だけですからね。 また月末が近付いて貸株料が安くなってきたら、他の銘柄もいくつか確保予定です。今後もオススメの優待情報を発信したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする