マイラーは高島屋の株主優待で買い物しよう

管理人は高島屋三越といったデパートで日常的に買い物できる身分ではありませんが、たまの贅沢や贈り物の購入など、なんやかんや買い物に行く機会があるものです。

デパートは基本的に定価ですので、安く買う手段は限られています。そこで利用したいのが株主優待カードです。素直に使うと1割引になるだけですが、主にマイラーは更に還元率を上げて実質2割引にすることができます。

デパートの株主優待

高島屋三越大丸近鉄など、大抵のデパートは株主優待カードを発行しています。カードといってもクレジットカードではなくて、購入時に見せることで割引をしてもらえる会員証のようなものです。

どの会社も株主優待カードの提示で10%引になりますが、除外品目や支払い方法が限られていることなど、やや制約があるので注意が必要です。個人的にはデパ地下グルメは重要ですので、食料品が対象かどうかは重要です。

高島屋は昨年単元株が1000株から100株に変更になり、10万円台で優待を取得できるようになりました。もちろん信用クロス取引も可能ですので、取得コストを数百円に抑えることもできます。

支払い方法は現金か高島屋系のクレジットカード、それに百貨店系の商品券に限られています。また、クレジットカードの場合はポイントも付きませんので、現金払いと同等になってしまいます。dポイントとの併用もできません。スーパーチャンスの時期はdポイント無双ができたので、これは痛いですね。

割引対象は比較的広い方で、レストランと一部の高級ブランド以外は概ね対象になるようです。デパ地下やセール品もOKなのは大きいですね。

株式会社高島屋の「株主様ご優待カード」についての詳細や、「株主優待制度のご案内」を掲載しております。

三越も概ね高島屋と同様ですが、レストランもOKです。その他の百貨店も基本的に同様ですが、細かい違いもあります。行きつけの百貨店の株主優待ルールをしっかり確認しておきましょう。

三越伊勢丹ホールディングスのご優待制度をご紹介いたします。

デパートの株主優待は支払い方法が限られる

デパートの株主優待は支払い方法が限られ、各種ポイントサービスの対象外になることが多いのが問題です。高島屋の場合、高島屋のクレジットカード(タカシマヤカード)なら食料品以外は8-10%のポイントが付きますので、株主優待のメリットはほとんどありません。

そこで注目したいのが、第三の支払い方法である百貨店系の商品券です。といっても、百貨店共通商品券は金券ショップで買ってもほとんど定価です。実は、百貨店ギフトカードというプリペイドカードを使うことが最大のポイントです。

百貨店ギフトカードを使おう

百貨店ギフトカードは使い切りタイプのプリペイドカードで、全国の百貨店で商品券と同じように利用することができます。どのデパートでも、株主優待カードの使用時に百貨店ギフトカードで支払うことができます。また、有効期限はありません。

百貨店ギフトカード|日本百貨店協会/日本全国の百貨店の店舗情報や売上情報等を掲載しております。

その百貨店ギフトカードですが、通常は額面通りの定価でしか買うことができません。しかし、AMEX系のクレジットカードを持っていると、年に1-2回ほどキャンペーンが開催されるので、お得に購入することができます。百貨店ギフトカードは有効期限が無いので、1年で使う分だけ大人買いしても良いと思います。

数年前からマイラー界で話題のSPG AMEXカードで百貨店ギフトカードを購入した場合、額面の9%のマリオットポイントがもらえます。10000円のギフトカードの購入なら900ポイントがもらえるということです。

マリオットポイントの価値の計算は難しいところですが、たいていの航空会社に3ポイント1.25マイル相当で交換できることと、本当に必要な時に必要な航空会社にポイント移行できる利便性を考えると、1ポイント1円くらいの価値があると思います。マイルは貯めるよりも使うことの方が難しいので、期限を気にしなくて良いことのメリットは想像以上に大きいです。

株主優待カードと百貨店ギフトカードの併用

高島屋で5万円の買い物をすることを考えましょう。SPG AMEXで百貨店ギフトカードを調達することで、まず4500ポイントが入ります。百貨店ギフトカードの送料が690円かかりますが、10枚まで購入できるので、大人買いするなら大きい差ではありません。

さて、高島屋で株主優待カードを見せて百貨店ギフトカードで支払うと、5万円の10%引で45000円の支払いになります。ということは、手元に百貨店ギフトカードの残高5000円と、マリオットの4500ポイントが残りました。実質2割引ということになります。

得した分でデパ地下グルメをお土産に買って帰ったり、次の旅行の足しにすることができますね。これだけお得なら普段の買い物を高島屋に寄せても良さそうです。ちょっと良いスーツを買ったりして、たまにはデパートで普通に買い物するのも楽しいかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする