【必見!】楽天カードの自動リボ払いでポイント+6倍!マラソン併用可!

追記:本キャンペーンは対象者限定のようで、自動リボ未登録者には「自動リボ登録と5万円以上の利用で10000ポイント」などのキャンペーンが届いているかもしれません。その場合も、本記事のリボ払い表を参考にして利益を出すことが可能です。本キャンペーンよりもおトクだと思いますので、ぜひ楽天カードのキャンペーンページを確認してみて下さい。

イーグルス感謝祭で紹介したリボ払い+6倍キャンペーンですが、11月も開催されることが決定しました!

楽天カードを自動リボ設定にし、楽天市場でリボ払いにするだけでポイント+6倍です。マラソン・ポンカン・SPUとの併用ももちろん可能なので、全ショップポイント+20倍も楽勝ですよ!

注意点の多いキャンペーンですが、その分おトク度は絶大です。しっかりルールを把握して、マラソンに挑みましょう!これが使いこなせれば、楽天上級者ですよ。

おいしいキャンペーンだけど罠だらけ!?

ものすごくおトクなキャンペーンですが、注意事項がものすごく重要で罠だらけなので、対象外とならないように十分注意してくださいね。

順に見ていきましょう。

・楽天市場でのお買い物時、お支払い回数で「リボ払い」を選択された方に限ります。
・自動リボ会員様でも、「リボ払い」を選択されていない場合は対象外となります。

これ、めちゃくちゃ大事です。自動リボ会員でも毎回必ず支払い方法をリボ払いに指定する必要があります。指定しないとキャンペーン対象外になってしまう上に、自動リボで勝手にリボ払いになってしまうので、金利で1%くらい損することになります。

・リボ払いをご利用になると包括信用購入あつせんの手数料(以下リボ手数料)がかかります。

楽天カードは初月分もしっかりリボ払い手数料がかかるんですね。三井住友VISAカードの「マイペイすリボ」と違ってセコいです。

毎月のリボ払い手数料は実質年率15%の1か月分ですので、15%/12=1.25%がリボ払い手数料として取られます。なので、正確には実質+4.75%のキャンペーンというわけですね。

・期間内であれば、リボ払いでのお買い物とエントリーのどちらが先でも対象となります。

毒の盛られていない条項はここだけです。エントリーを忘れて購入してしまっても、キャンペーン期間内にエントリーをすれば対象になります。

・2017年1月度の楽天e-NAVIのご利用明細ページの「リボのお支払い予定」に記載されているショッピングの翌月繰越残高が0円の場合
・翌月繰越残高とは1月にリボ手数料が発生する残高で1月お支払い後、翌月に繰り越される残高となります。

とても大事です。「リボ払いを毎月全額返済すれば初月分しか手数料かからないでしょ」というユーザーを引っ掛けるための罠ですね。

楽天カードは月末締めの翌27日払いですから、1月度のご利用明細ページには12月利用分が載っていることになります。ということは、11月のリボ残高+12月利用分ーリボ支払額=翌月繰越残高になります。

三井住友VISAカードの「マイペイすリボ」経験者なら攻略法はお分かりでしょう。楽天カードもリボ支払額を毎月5000円以上1000円単位で調節できますので、翌月繰越残高がなるべく少なくなるようリボ支払額を設定すればいいわけです。

ここで注意するべきことは、リボ支払額は5000円以上しか設定できないことです。もし11月のリボ残高+12月利用分+リボ手数料が5000円未満になってしまった場合、リボ支払額を5000円未満にすることができませんので、翌月繰越残高が残りません。要注意です。

(例1)11月のリボ残高12000円、12月利用分30000円の場合:リボ支払額を41000円に設定すれば、翌月繰越残高が(12000+30000-41000)x101.25%=1012円となるので、キャンペーン条件を満たせます。

(例2)11月のリボ残高500円、12月利用分3000円の場合:リボ支払額は5000円未満に設定できませんので、(500+3000)x101.25%=3544円を完済してしまい、キャンペーン対象外となります。

※ややこしいので簡略化していますが、楽天カードで設定できるリボ支払額は元金部分を指します。例1の場合、(12000+30000)x101.25%=42525円に対して、41000×101.25%=41513円を支払い、42525-41513=1012円の繰越しとなっています。いちいちリボ手数料を計算する必要が無いので、このシステムは楽と言えば楽です。

ちなみに、リボ支払額は翌月10日の22時までに設定する必要があります。11月利用分については、12月10日の22時までにリボ支払額を設定する必要があるということですね。

楽天カード側に請求が上がってくるのが遅い店もあるので、リボ支払額の設定はギリギリまで待った方がおトクです。逆に、10万使ったからといって明細を確認せずにリボ支払額を99000円にしていたら、請求が10日までに上がってこなくてリボ残高を完済してしまった、なんてことにもなります。忘れない程度にギリギリを狙いましょう。

【すでに自動リボ登録会員もしくはエントリー期間中に自動リボ登録された会員様】
エントリー期間終了後から2017年2月1日(水)までに自動リボ登録を一度でも解除された場合、特典ポイントは6%ではなく1%分が進呈されます。

自動リボを解除したらキャンペーン対象外というわけですね。ここ数か月はずっとこのキャンペーンをやっているので自動リボを解除することはありませんが、キャンペーンが無くなったら普通の一括払いに戻したいですよね。引っかからないようにしましょう。

で、実際どうやったらいいの?

いくつかのパターンがありますので、分けて考えてみましょう。

11月のお買い物マラソンしか使わないケース

リボ支払額は5000円未満に設定できませんので、最初にリボを返済しすぎると12月の繰越残高が無くなってしまいます。このことに気を付けて、11月分はリボ支払額を95000円に設定し、それ以降は下限の5000円にすることで、手数料を最小にすることができます。

総手数料1313円に対してキャンペーンポイントが6000ポイント入りますので、実質4687円分が手に入ります。だいたい還元率+4.7%ということですね。

前月からの繰越 新規利用額 手数料 リボ設定額 実支払い額
11月 0円 100000円 1250円 12/10 22時までに

95000円に設定

96188円
12月 5062円 0円 63円 1/10 22時までに

5000円に設定

5062円
1月 63円 0円 0円 5000円のまま 63円
2月 0円 0円 0円 2/2以降

自動リボ解除可

0円

※「2017年1月度の楽天e-NAVIのご利用明細ページ」は12月分の利用明細が載っていますので、上の表では1月の「前月からの繰越」が1円以上ならOKです。

毎月マラソンに参戦するケース

毎月5000円以上マラソンで使うなら、繰越が0円にならないように気をつければOKです。11月分はリボ設定額を10万円以上にして完済してしまっても構いませんが、少し余裕を持たせておくと安心です。特に10月のキャンペーンにも参加した人は、こうしないといけませんね。

前月からの繰越 新規利用額 手数料 リボ設定額 実支払い額
11月 0円 100000円 1250円 12/10 22時までに

99000円に設定

100238円
12月 1012円 100000円 1263円 1/10 22時までに

101000円に設定

102263円
1月 12円 100000円 1250円 2/10 22時までに

100000円に設定

101250円

その他の注意点

キャンペーン自体の注意は以上ですが、他にも気をつけるべき点はあります。

・リボ払い対象外のショップもある

食品系のショップに多いのですが、そもそもリボ払いに指定できないところもあります。その場合はキャンペーン対象外になりますが、リボ払い手数料はしっかり取られます。1.25%損することになるので、狙った高額商品がリボ払い対応であることを確認しておきましょう。

・楽天市場外の通常利用もリボ払いになってしまう

上と似た話になりますが、そもそも楽天市場外の買い物はキャンペーン対象外です。ですので、楽天市場外の利用分も1.25%のリボ払い手数料がかかる分、損になります。このキャンペーンに登録したら、楽天カードは楽天市場外では使わないようにしましょう。

・キャンペーンは上限6000ポイント

6%還元ですが、上限6000ポイントということは100000円分しか還元されません。マラソンは9%還元で上限10000ポイントなので、111111円分の買い物が限度です。だいたい一致しているので問題ないと思いますが、超高額な買い物をする場合は注意した方が良いですね。

・ポイント付与は2017年2月20日

遠い未来です。有効期限が3月31日までなので、失効させないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. はるりん より:

    勉強になります!他のサイトではこのキャンペーンの事はあまり触れられていないもので。
    確認なのですが毎月マラソンに参戦してある程度の利用がある場合は
    全額完済しないようにすれば大丈夫でしょうか?
    たとえば100500円の利用があった場合100000円払っていいのでしょうか
    990000円の方が良いのでしょうか?
    宜しくお願いします。

    • 投信ひとり より:

      ありがとうございます。その場合は100000円がベストだと思いますが、99000円でも大丈夫です。
      毎月コンスタントに3000円より多くご利用されているようでしたら、今はリボの最低支払額が3000円からですので、翌月繰越残高が1円以上残るように設定できます。
      もし今月100500円の利用があったら、リボ支払いコースを100000円にすると翌月繰越残高が500円になります。
      翌月にまた3000円の利用があったら請求額は3500円になりますが、リボ支払いコースを3000円に変更することで、また翌月繰越残高を500円にできます。

      ただ、現在はキャンペーンの規約が変わっている可能性がありますので、ご注意ください。
      いま管理人のところに届いているキャンペーンは「翌月繰越残高」の条件は無くなっており、かわりにリボ支払いコースが30000円以下に設定されていることが必要になっていました。
      この条件ですと、リボ支払いコースは3000~30000円の範囲でしか変更できないことになります。
      10万円利用した場合は翌月に70000円も繰り越す必要が出てしまい、トータルのリボ手数料がキャンペーンのポイントより多くかかってしまう危険もあります。
      楽天のキャンペーンはかなり罠が多いので、今のキャンペーン規約をご確認されることをオススメいたします。管理人も何回か失敗しています…

  2. はるりん より:

    ありがとうございます。
    なるほどですね。支払いコースは30000円にしておいてリボ残高おまとめ払いで払ったら対象外になるんですかね。ちょっとルールも変わってるみたいですしね。
    色々試して見ます。現在のルールを読んでみたら自動リボ+6倍と言っても
    通常分とかカードご利用分SPUのカード分も含めてという感じなので
    このキャンペーンでは+3倍みたいですね!こういう罠がありますよね…

    • 投信ひとり より:

      ありがとうございます。キャンペーン分が+3倍ということでしたら、手数料を考えると今のはかなり渋いキャンペーンですね。
      楽天カードは自動リボ登録+ショッピングで7000ポイントという別のキャンペーンをやっていることがあるので、もし対象でしたらそちらに集中した方が良いかもしれません。
      自動リボで35000円以上使うほかは似たような条件で、ポイントが付与されたら自動リボを解除してもOKです。
      (ここにも楽天の罠があるのですが、支払い時にリボ払いを選択した場合は対象外になるので、この記事のキャンペーンとは併用できません。)
      自動リボ解除後しばらくするとまた同じようなキャンペーンが届くので、管理人は何回か繰り返しもらっています。