ANAスタアラ特典で国内旅行!~旅程の決め方その2~

今回は、「東京発の国内線で目的地に行き、韓国経由で東京に帰る経路」を検証します。

つまり、「HND/xxx/ICN/HNDorNRT」という経路ですね。

実は、こっちの経路の方が選択肢が多く、オススメなんです。

1.目的地の地方都市から、仁川に行く便を選びます。

①関空/仁川 9:30/11:20

①関空/仁川 10:50/12:50

①福岡/仁川 11:30/12:50

①広島/仁川 11:30/13:10(日月火木土)

①熊本/仁川 12:00/13:35(月木土、全席エコノミー)

①名古屋/仁川 11:40/13:40

②富山/仁川 12:00/14:10(日火金)

②宮崎/仁川 12:50/14:30(日水金)

②静岡/仁川 12:40/14:45(月木土、全席エコノミー)

②沖縄/仁川 13:00/15:20

②仙台/仁川 13:00/15:30(日月水金)

②福岡/仁川 14:50/16:10

②米子/仁川 15:00/16:40(日火金、全席エコノミー)

③関空/仁川 17:00/18:50

③高松/仁川 17:25/19:10(日火金、全席エコノミー)

③松山/仁川 17:40/19:20(日火金)

・関空/金浦 11:10/13:00

東京への乗継便との接続が大事なので、到着時間で揃えてあります。左側の番号は、ステップ2で選ぶ帰国便に対応しています。

帰りに韓国を組み込むことで、飛躍的に選択肢が多くなったことが分かるかと思います。

※以下の便は、同日中に接続する東京行の便がありません。

しかし、韓国で1泊しても良いのであれば、選択肢に入れることができます。

・名古屋/仁川 17:45/19:50

・福岡/仁川 19:25/20:45

・新千歳/仁川 18:10/21:10(2016年7月1日就航)

・関空/金浦 20:30/22:15

2.次に、東京に帰る便を選びます。

①仁川/成田 15:10/17:20

②仁川/成田 18:50/21:00

③仁川/羽田 20:50/23:00

良い時間帯が揃っていますね。ただし、③は遅延した場合には終電が無くなってしまうかもしれません。

※韓国で1泊した場合には、以下の便が選択肢に入ります。ホテルで1泊するのであれば、金浦から帰るのが便利だと思います。

金浦/羽田 7:45/9:55(ANA)

金浦/羽田 8:40/10:45

・仁川/成田 9:00/11:10

・仁川/成田 10:00/12:10

・仁川/成田 12:35/14:55(ユナイテッド)

金浦/羽田 12:55/15:00(ANA)

金浦/羽田 15:50/17:55

金浦/羽田 19:50/21:55

金浦/羽田 20:00/22:15(ANA)

3.アシアナ未就航地に行きたい場合には?

考え方は前回と同じです。仁川発に接続できる国内線を探せば良いですね。

・名古屋/仁川 11:40/13:40(←札幌、仙台、新潟、松山、福岡、宮崎)

・福岡/仁川 14:50/16:10(←仙台、新潟小松、宮崎、沖縄)

・関空/仁川 17:00/18:50(←札幌、福岡、沖縄、石垣

カッコ内に接続できる国内線を示しました。太字はアシアナ未就航地です。

前回ほどは増えませんでしたが、アシアナ就航地であっても、直行便の空席が無い時には使えるんじゃないでしょうか。

それでは、旅行例です。

①王道!沖縄で夏休み

実は今回のケース、新千歳は乗継が悪くうまくいきません。

しかし、沖縄はバッチリです!遊び疲れた体を国際線のビールで癒しましょう。笑

沖縄

②広島で平和を祈る旅

アシアナの地方路線を活用した例です。

たまにはこういう旅行も、あって良いかもしれませんね。

広島

③新幹線に乗らない北陸の旅

アシアナ未就航地に行ってみる例です。接続が良いので、いろいろ飛び回っている割には10時間で帰れるようです。

正直北陸新幹線を使った方が良いと思いますが、マイルがどうしても余ってたら良いかもしれませんね。

小松

ざっと見てお分かりいただけたと思いますが、出発地を羽田にできるので、初日から旅行を楽しめます。終電を逃すリスクはありますが、羽田着も可能です。

また、東京発国際線が回避できるので、諸税が数千円安くなっていますね。

乗継もよく、帰路に韓国を組み込むのはとてもオススメできる手段です。

ということで、ほとんどどこでも語られていないスタアラ特典特集でした。

発券報告、お待ちしております。笑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする