ANAスタアラ特典で国内旅行!~旅程の決め方その1~

前回の記事で、スタアラ特典で国内旅行ができることを紹介しました。

実際のところどんな経路が可能なのか、考えてみます。

今回は、「東京発、韓国経由で目的地に行き、東京に帰る経路」を検討してみましょう。

つまり、「HNDorNRT/ICN/xxx/HND」という経路が基本となります。

それでは、順番に搭乗便を選んでいきましょう。

1.最初に、仁川に行く便を選びます。

①羽田/仁川 6:10/8:45

②成田/仁川 9:00/11:30

③成田/仁川 12:30/15:10

東京(羽田・成田)発で、同日中に帰国便に乗り継げるのは3路線です。

ただし、①は前日深夜に羽田に行く必要があり、③は帰国便が限られますので、②が一番使い勝手が良いと思います。

※韓国で一泊しても良いのであれば、以下の便も利用可能です。

金浦の方が都市部に近いので、ホテルで一泊するなら金浦便が便利だと思います。

一方、空港で一夜を明かすのであれば、遅い便も魅力的ですね。ラウンジは閉まってしまいますが、24時間営業のお店はいくつかあるようです。

・羽田/金浦 8:50/11:15(ANA)

・羽田/金浦 10:00/12:20

・羽田/金浦 12:20/14:40

・成田/仁川 13:30/16:10

・羽田/金浦 16:10/18:35(ANA)

・成田/仁川 17:55/20:45(ユナイテッド)

・成田/仁川 18:50/21:30

・羽田/金浦 10:50/22:10(ANA)

・羽田/金浦 20:15/22:35

2.次に、国内の目的地に行く便を選びます。

①仁川/宮崎 10:00/11:40(日水金)

①仁川/福岡 12:30/13:50

①仁川/米子 12:30/14:00(日火金、全席エコノミー)

②仁川/関空 14:10/15:50

②仁川/新千歳 14:20/17:00(2016年7月1日就航)

②仁川/高松 14:50/16:25(日火金、全席エコノミー)

②仁川/名古屋 15:00/16:45

②仁川/松山 15:10/16:40(日火金)

③仁川/福岡 17:10/18:25

③仁川/関空 19:10/20:50

金浦/関空 17:50/19:30

仁川空港の最短乗継時間は1時間10分ですので、仁川着の1時間10分後以降に出発する便を組み合わせる必要があります。

番号は、ステップ1で選んだ仁川行の飛行機に対応しています。金浦発のものも、1便だけ乗せておきました。

※韓国で一泊しても良いのであれば、以下の便も利用可能です。

地方路線の選択肢がだいぶ増えますね。ホテルに泊まるか、空港で一晩過ごすのが我慢できるなら良いですね。

金浦/関空 8:30/10:10

・仁川/名古屋 8:50/10:35

・仁川/福岡 9:00/10:30

・仁川/広島 9:10/10:30(日月火木土)

・仁川/富山 9:20/11:00(日火金)

・仁川/熊本 9:30/10:50(月木土、全席エコノミー)

・仁川/仙台 9:35/11:55(日月水金)

・仁川/静岡 9:40/11:35(月木土、全席エコノミー)

・仁川/那覇 9:40/11:55

3.アシアナ未就航の都市に行きたい場合

アシアナは大体の地方都市に就航していますが、行きたい都市が無かったり、都合の良い便が無いこともあると思います。

その場合は、更に国内線に乗り継ぎましょう。福岡、関空、名古屋は路線数が多いのでオススメです。ステップ2で、下記の便を選択することになります。

・仁川/福岡 12:30/13:50(→仙台、新潟小松、宮崎、沖縄)

・仁川/関空 14:10/15:50(→札幌、福岡、沖縄)

・仁川/名古屋 15:00/16:45(→札幌、仙台、新潟、松山、福岡、熊本、大分長崎鹿児島

カッコ内は、同日内に乗継可能な便を示しています。太字は、アシアナ未就航地です。

名古屋は到着時間が遅いながらも国内線が豊富で、乗継には適しているようですね。

いくつか旅行例を考えてみました。

①北海道で涼しい夏休み

やはり沖縄と北海道が王道でしょう。夏休みにこの値段なら文句無しですね。

北海道

②さぬきうどん2泊3日

地方路線を活用した例です。移動時間も許容範囲内で、悪くない旅程だと思います。

高松

③頑張って大分に行く

アシアナ未就航地に頑張って行くと、こうなります。

さすがに移動時間が長いので、長期旅行か帰省以外で使うのは難しいでしょう。

大分

④北海道レンタカー乗り捨て旅行

地上移動が認められていることを利用して、こんな旅程も組めます。

レンタカーや電車代が片道で済みますし、けっこうアリじゃないですか?

旭川

その2に続きます。

次回は、「東京発の国内線で目的地に行き、韓国経由で東京に帰る経路」を検討します。

逆順で回ることによって、行けるところ行けないところが変わってきそうですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする